企倫マーク

企倫マーク、サイズ小.jpg
当学会は、協同組合企業情報センター(以下 KJC、代表理事:山本 柳二氏)に統括管理業務を委託し、ブラック企業(従前の解釈である「反社会的勢力との繋がりを持つ等違法行為を常態化させた企業:BER-α…Anti-social forces」や昨今加味された解釈である「労使関係の喪失状態の企業:BER-β・・Black company for employees」)としてレッテルを貼られることを事業者の経営リスクとして、危機管理の観点から企業倫理体制の整備、再構築を目的とする『企業倫理再構築認証マーク制度:略称 企倫マーク制度』の運用を平成27年7月1日より開始しました。

※『企業倫理再構築認証マーク制度(企倫マーク制度)』とは
悪評、風評被害また、その結果生じる自社ブランドの毀損による営業活動や採用活動への悪影響を危機管理の重要項目として捉える事により企業倫理再構築(BER…Business Ethics Re-engineering)に寄与する制度。

具体的には、ブラック企業であるとの悪評・風評リスクを避けることを念頭に、企業倫理体制やその再構築の実践状況などを外部から多角的・客観的に評価し、その結果、一定水準以上であると認められる企業を認証し、当該マークを付与する制度。

詳しくは下記の企倫マークホームページとパンフレットをご覧下さい。
http://www.ber2015.com左記企倫マークホームページへジャンプ
パンフレット
認証取得のお申込みは下記のフォームからお願い致します。
企倫マーク付与審査申請フォームへジャンプ



BER6インスペクター資格バナー.jpg
また、認証取得希望企業を審査する審査員(BERインスペクター)の資格取得をご希望の方は、こちらをご覧下さい。

本件に関し、当学会は、反社会的勢力の範囲も従来の暴力団にテロリスト集団他を加え、BER-αのチェック項目には、ステークホルダーの「安心」に寄与する倫理規定の完備等を規定し、BER-βにおいては、「36協定違反」や「名ばかり管理職問題」、「セクハラ、パワハラ、マタハラ問題」更には「介護離職問題」や「従業員のストレスチェック義務」等の最近、特にクローズアップされている経営課題等をチェック項目としています。
加えて、“企業自体の経営リスクをヘッジする為の認証マーク取得により、自らの経営を律する事”“全てのステークホルダーの安心に寄与し、若者の雇用促進の一翼を担う事”“危機管理のグローバルスタンダードを目指し、健全なる日本国内の事業活動に貢献する事”を目的として掲げており、「リーズナブルな取得費用(2年更新)でブラック企業のレッテルを貼られるリスクをカバーする指針となる備えを提供するものとしています。

また、統括管理機関であるKJCでは、実際の付与審査を行う『審査・普及機関』に非営利法人や保険の大手プロ代理店等の営利法人を指定し制度の普及を推進すると共に、審査の精度を確実なものとする為に統括教育機関として審査・普及機関に登録を義務づける“審査員資格者(CBI:Certified-BER・Inspector、ABI:Affiliated-BER・Inspector)の育成”に注力するべくE-ラーニングを準備する等、事業者にとっても審査・普及機関にとっても納得感があり堅実なプロジェクトを実現します。
KJCは、一社でも多くの事業者へ「安心の備えとしての企倫マーク」をお届けしたいとしており、年間目標2千社の取得事業者拡大に向けて積極的に取り組みます。

本件に関するお問い合わせは下記へお願いします。
企倫マーク制度事務局
〒102-0076 東京都千代田区五番町5番地1
JS市ヶ谷ビル6F
協同組合 企業情報センター内
TEL:03-3264-0755 FAX:03-3264-7815